about

●洋服作りへの思い

二人の子供の母として、子供たちの好きな洋服を安心して着せてあげたいという思いで、30年間洋服を作ってきました。

子供たちが大きくなった今、これからも、着る人にとって「ちょっと特別な洋服」を作りたいという思いから、ハンドメイドの洋服を販売しています。

自分だけの洋服を着ることは、ちょっとした贅沢かもしれません。でもそのちょっとした幸せを大事にして、それによって毎日の暮らしが少しでも楽しく豊かに感じられるなら、それはとてもすてきなことだと思っています。



●洋服作りで大切にしていること

洋服を作る際は、つぎの3つのことを大切にしています。

着る人のことを考えた形
洋服の形は、自分がすてきだと思えること加えて、その洋服を着る人がその洋服と快適に、長く付き合えるような形とすること。たとえばヨーガパンツは、どのような形がきれいで、かつ動きやすいか、ヨーガインストラクターの娘と相談したり、海外のデザインを参考にしたりしながら、作っています。

一つの生地につき一点の洋服
その生地や柄が、その人にとって特別なものとなるよう、すべて一点ものとすること。素材の色や柄を実際に見て、その生地にあったデザインを考えています。一枚の生地が、着てくれる人にとって特別な洋服となることを願って、一つ一つ手作りしています。

安心できる素材
使用する素材は天然繊維にこだわり、肌にあたるところは優しく仕上げること。自分の大切な人が、気持ちよく、安心して着られる洋服にしたいという思いで作っています。素材は主にコットンとリネンを使用し、それぞれの生地のもつ、肌触り、柔らかさ、厚さ、風通しなどが、着る人にも感じてもらえるように仕上げています。